理念

1.常に最小限での施術回数での症状改善を目指しています

各種保険を使用しての(保険)施術でなく、あえて実費施術料を頂いて施術させていただくため、常に可能な限り最小限の通院および費用負担で症状をゼロにすることを目標に日々施術にあたっています。

2.痛みや身体の不調となる原因を正確に分析し、最適な施術を提供します

痛みや身体の不調には原因があります。当院では施術の前に丁寧な問診、繊細な触診検査、姿勢検査および整形外科的徒手検査を実施し、症状の原因を正確に分析し、わかりやすく説明し、ご納得いただいたうえで施術にあたります。
特に触診検査では、痛みや不調の原因構造(組織)を特定し、レントゲン等の画像診断では判別できにくい関節の微妙なズレや各組織の状態を捉えて、それらの原因組織を一つずつ調整、改善していくような施術を実施します。

3.身体全体を総合的に診て、施術にあたります

痛みのある部位の施術はもちろん、痛みの原因となっている姿勢、動作、習慣(くせ)を分析し、身体全体をひとつと捉えて施術をいたします。

また治療での痛み・不調の改善をさせることはもちろん、症状の再発防止のためのご自宅でできるエクササイズやトレーニングも指導いたします。

※アスリート(競技選手)の方には、競技復帰に向けたストレングストレーニングも指導いたします。

4.自分の怪我の経験を患者さんひとりひとりの施術に活かします

私自身、競技生活等で骨折、脱臼や靭帯断裂に加え、神経断裂(神経麻痺)とそれにともなう後遺障害など様々な怪我を経験してきました。とくに神経断裂の怪我では、スポーツ競技ができなくなっただけでなく、左膝から下の運動麻痺を残したため、歩行等の日常動作にも支障をきたしてしまうほどでした。

しかしその時に、素晴らしい治療家の先生や指導者に出会い、その方々の治療や指導のおかげで、最終的には、プロボクシングの試合に出場して勝利するまでに回復することができました。

施術において、これまでの臨床経験を活かすだけでなく、自分が実際に経験した怪我(苦労した点)なども患者さんひとりひとりの施術や運動療法(リハビリ)処方に的確に活かしていきたいと考えています。

とくやま徒手療法研究所・施術院
          德山 純治