ストレートネックの修正

頸椎は、7つの椎骨から成り立っており、軽度の前弯(前方凸のカーブ)を有していますが、ストレートネックとは頸椎の前弯アーチが失われて、前方に向かって真っすぐになってしまう状態のことを表します。

ストレートネックになる原因としては、長時間のデスクワークやスマホの見すぎなどが原因で、時間経過とともに頸椎前弯が消失してしまうといった後天的なものと、もともと頸椎の前弯カーブが少ない、あるいは後弯(後方凸のカーブ)になっているなどの先天的要因のものの2種類が存在します。

ストレートネックの特徴

先ほども記載した通り、ストレートネックは頸椎の前弯カーブが消失し、頸椎がまっすぐになってしまった状態を表しますが、ストレートネックに付随して隣接関節も以下のような変形を示すことが多いです。

頭部前方変位(頭部前突位)
頸椎が前方にストレートになることに付随して頭部が前方に突出してしまいます。


上部頸椎過伸展・下部頸椎過屈曲

頭部前突位の場合、頸椎の下部(第5~7頸椎)は前方にずれながら屈曲位になり、頸椎の上部(第1、2頸椎)は反対に 過伸展になりなります。


胸椎過後弯(肩甲骨外転内旋)

頸椎と頭部の前方変位を代償(カバー)するように、胸椎(背中)は後ろに丸みを帯びた後弯変位をきたします。いわゆる猫背姿勢というものです。


腰椎過前弯(反り腰)

胸椎の後弯変位の程度にもよりますが、骨盤が胸椎の後弯(後方)に対して前方へスライドし、腰椎はそれに引っ張られるように反り腰(過前弯)になりやすくなります。(腰椎平坦・骨盤後傾になる場合もある)

ストレートネックで起きやすい症状

肩こり・頚部痛・頭痛・めまい・視力障碍・頸椎ヘルニア・肩関節痛・手のしびれ・腰痛 など


ストレートネックの場合、上部頸椎過伸展/下部頸椎屈曲+前方すべり
上部頸椎の過伸展は、脳に行く血流や神経の伝達障害を引き起こし、これが頭痛やめまいなどの症状を引き起こしやすくなります。

下部頸椎の屈曲変位+前方すべりは、椎間板への負荷を増やすことでヘルニアの原因になったり、頸椎が前方へずれることで頸椎から上半身に伸びる神経(神経根)の圧迫をきたし、腕や手のしびれの症状を誘発します。

ストレートネックに伴った胸椎(背中)の後弯変位は、腕を挙げるなどのスムースな肩関節の運動を阻害し、これが腱板損傷や肩関節インピンジメント症候群などの種々の肩関節痛を引き起こす要因になります。

胸椎の後弯はまた腰椎骨盤、さらには下肢にも悪影響を与えることがあり、腰痛、股関節痛、下肢痛の要因にもなります。

ストレートネックに対する当院の治療アプローチ

①上部頸椎のアジャストメント
②頚部神経のモビリゼーション
③後頭下筋群の筋膜リリース
④下部頸椎の前方滑りの修正(アジャストメント)
⑤胸椎後弯変形の修正
⑥肋骨内旋変位の修正
⑦腰椎・骨盤のアジャストメント

⑧姿勢(重心)の修正(運動療法)

詳細はお気軽に当院までお問い合わせください。

とくやま徒手療法研究所・施術院

最新情報をチェックしよう!

治療法/適応症の最新記事8件