鍛錬

  • 2020年3月28日
  • 2020年10月4日
  • 思想
  • 164view

この言葉は、ぼく自身が生きる上で何をするときも常に意識している言葉です。

学校生活、仕事、人間関係、日々の生活の中ではいろいろなことが起こります。楽しいことや嬉しいことなど、いいことばかりではなく、苦しいことや辛いことも多く起こることもあるかもしれません。

そういう時には人は、怒りや悲しみの感情を経験することとおもいます。理不尽なことに対する激しい怒り、立ち直れないほどの深い悲しみなど、これまでの人生でいろいろな経験をされた方も多いでしょう。

しかし、これらの経験はすべて無駄なものではなく、そのひと自身の生きる力を強くするための鍛錬であるとぼくはおもっています。いやなこともいいことも全てが鍛錬です。日々の地道な鍛錬が長い目で見たときには大きな力になると確信しています。

幸いぼく自身は、格闘技・ボクシングや治療家の師匠や指導者から常にこのことを教えてもらっていたので、常に鍛錬の精神を意識することができています。
(まだまだ鍛錬が足りていませんので、つまずくことは多々あり、、。)

『日々鍛錬』。みなさまも日常おこるすべてのことを自分を強くするため、また自分の人生をより豊かにするための鍛錬ととらえて生活していただけると幸いです。

とくやま徒手療法研究所
德山 純治

最新情報をチェックしよう!

思想の最新記事8件